国会質問

質問日:2018年 12月 6日  第197臨時国会  環境委員会

石炭火力廃止の道筋を CO2削減目標引き上げよ

参議院・環境委員会。

入管法や漁業法が山場を迎え、徹底審議を求めるなか、パリ協定の実施ルールなどを議論するCOP24が開催中。

私は、日本国内で、石炭火力発電所の新増設を許さないことはもちろん、すでに建設されている石炭火力発電所を2030年までに停止せよと追及。

いくら効率がよくとも、液化天然ガス火力の約2倍の二酸化炭素を排出する石炭火力。イギリスやカナダはすでに2030年までの廃止を掲げています。

私「いま日本に石炭火力発電所はいくつあるのか?」
環境省「独自にはつかんでいない」

これは驚いた!
実態も把握せずどうやって二酸化炭素の排出を削減するつもりだったのか?やる気がなかったと言わざるを得ない!

環境省はさすがに「調査する」と言わざるを得ませんでした。

2030年26%排出削減(2013年比)という目標を引き上げよ、と迫りました。
直ちに、とはなりませんでしたか、引き続き追及していきます。

質問の映像へのリンク

石炭火発 止める道へ

議事録

(作成され次第掲載します)

すべて表示

関連資料

しんぶん赤旗記事「石炭火発 止める道へ/武田氏『削減目標は不十分』」