国会質問

質問日:2020年 3月 18日  第201通常国会  国土交通委員会

新型コロナの観光業、宿泊業への影響について質問

新型コロナの観光業、とりわけ宿泊業への影響について、阿智村昼神温泉での声を紹介して質疑に立ちました! 参院国土交通委員会で。

先日の政府第2弾対策では、雇用調整助成金やセーフティネット保証の他は、インバウンド対策のバリアフリー化、キャッシュレス化、多言語表示などの施設整備に補助金を出すもの。
終息するまでを「助走期間」と表現し、これらをいまのうちにせよ、という国交省に対して、「助走期間に立ち行かなくなる」との声をぶつける。ただちに、経営を助けられる直接支援をもとめました。

驚きは、雇用調整助成金。宿泊事業者の方の実際の声だと、宿泊業は従業員の休日を決めにくく、休業計画を立てにくいため申請が難しく、雇用調整助成金をもらえないとのこと。ハローワーク管内で「少なくとも宿泊業で雇用調整助成金をもらった例は1つもない」とのこと。

国は「新型コロナの特例で休業計画を事後提出でもよいことにした」というが、そもそも休業計画をたてられない、社会保険労務士の方も作り方がわからない、という実態もあるとか。

制度はあれど使えない…。具体的な課題を明確にして、一つひとつ乗り越える必要があります

 

質問の映像へのリンク

新型コロナ対策 宿泊業財政支援、国も 2020.3.18

議事録

(作成され次第掲載します)

すべて表示

関連資料

赤旗記事「宿泊業財政支援、国も/武田氏、小規模旅館の声紹介」

参考資料

国土交通委員会資料20200318コロナ観光