国会質問

質問日:2020年 6月 9日  第201通常国会  国土交通委員会

サブリース業法案を質疑

参議院国土交通委員会で、サブリース業法案の質疑に立ちました。これは、レオパレスやかぼちゃの馬車の事件を背景に、日本共産党が求めてきた賃貸住宅管理業者に登録を義務付け、またサブリース業者に誇大広告、不実説明を禁止する中身。要求が実った形です。

しかし、被害を受けたオーナーさんの救済には踏み込んでいないので、この点について求めるとともに、勧誘の際にはサブリース業者だけでなく、不動産業者や建設業者が一緒になって勧誘しますから、こういう事業者に対する登録も求めました。
「35年一括借り上げ」「10年家賃保証」のような表現は、それそのものでは直ちに誇大広告にはならない。しかし、そういう言葉はあちこちで飛び交っています。「サブリース業者にしっかり説明させる」というが、それができれば万事OK!?

言いたいことはあるが、これは新法。いまある法律の改正ではなく、新しく法律を作るのです‼️(まだ本会議を経ていないので成立はしていませんが)
ごれだけの方の涙が流されたか、そういう思いの上に作られた法案ではないかと思います。

質問の映像へのリンク

サブリース業者の実効性ある規制必要 2020.6.9

議事録

(作成され次第掲載します)

すべて表示

関連資料

赤旗記事「実効性ある規制必要/サブリース法可決 武田氏が要求」