国会質問

質問日:2020年 12月 1日  第203臨時国会  国土交通委員会

北陸新幹線工事の情報公開、リニア新幹線計画はコロナ後の社会における再検証を

 12月1日、参院国土交通委員会で2回質疑に立ちました。
1つは法案に関わり、北陸新幹線加賀トンネルに関する情報公開せよ。
2つはリニア新幹線はコロナ後の社会において再検証すべき。
 
北陸新幹線については、「事実関係の確認、検証が終わるまでは情報が独り歩きしないようにするため、情報を出さない」ことを趣旨とする答弁。「事実関係を把握するためにも情報公開が必要だ」と重ねて求めました。
 
リニアには、3兆円もの財政投融資がされており、「テレワークなどかつての需要予測だけでなく、償還確実性が再検証されるべきだ」と追及。大臣は「私は楽観的」と述べ需要を起こしていくと述べましたが、償還確実性の再検証は否定できませんでした。だったら需要予測をやり直すべきだと、引き続き求めていきます。
 
そして、「リニアによる影響を懸念しているのは静岡だけではない」と、長野県南木曽町の事例を紹介しました。南木曽町は、JR 東海、鉄道運輸機構、長野県と4者で「確認事項」文書を交わしており、「発生土置き場(仮置き場含む)が確保した後にトンネル(斜坑含む)掘削を行う」としており、まだ確保出来てませんから、南木曽町では掘削は認められていないのが現状です。
「発生残土置き場は、新たな候補地が出てくる度に安全性や工事車両による騒音、粉塵など生活環境への懸念が生まれる。住民の理解、納得なく工事をすすめることがあってはならない」と重ねて強調しました。住民のみなさんの運動と連帯して、リニアストップへ頑張ります。
 

関連資料

しんぶん赤旗記事「交通政策基本法改定が成立 大規模開発を推進 武田議員反対」

しんぶん赤旗記事「リニア需要再検証を  参院委で武田議員 在宅拡大で出張減」